Prince『ピアノ&ア・マイクロフォン1983』



欲しいなぁ。。。うう!


Warner Music Life

プリンス財団とワーナーブラザーズ・レコードは、アルバム『ピアノ&ア・マイクロフォン 1983』の発売をプリンスの60回目の誕生日である本日6月7日に発表。アルバムは9月21日発売。

本日、プリンス財団とワーナーブラザーズ・レコードは共同で、アルバム『ピアノ&ア・マイクロフォン 1983』の発売を、プリンスが存命であれば60回目の誕生日になる本日6月7日に発表した。

PHOTO CREDIT: The Prince Estate / Allen Beaulieu


9曲入り35分のアルバムには、1983年、自宅スタジオでカセットにレコーディングされた未発表のプリンスによるピアノ弾き語り音源を収録している。

アルバムはCD、LP(輸入盤のみ)、デラックス・エディション、及び配信でリリースされ、プレオーダーも実施中。

「この生々しく、身近に感じられるレコーディングはプリンスが世界的なスターになる直前の、キャリア初期に行われた。形態としては彼がキャリアを終えた2016年に行っていた、ピアノ&ア・マイクロフォン・ツアーと似たものだ」とプリンス財団のアドバイザー、トロイ・カーター氏は語る。


財団はファンにプリンスの進化を一見してもらい、彼のキャリアが最終的にピアノ弾き語りに戻っていったということを示すことを喜んでいる。


プライベートなリハーサルからは、生々しく、身近なプリンスの創造的なプロセスを垣間見ることが出来る。それらには1984年までリリースされなかった「17 デイズ」、「パープル・レイン」や、ジョニ・ミッチェルのカヴァー「ア・ケイス・オブ・ユー」、高い評価を受けた1987年のアルバム『サイン・オブ・ザ・タイムス』まで、リリースされなかった「ストレンジ・リレーションシップ」や「インターナショナル・ラヴァー」が含まれる。アルバムには、珍しい19世紀の霊歌「メアリー・ドント・ユー・ウィープ」も収録されるが、この曲は今年8月に公開になるスパイク・リーの映画『BlacKkKlansman(原題)』のエンド・クレジットで流れる。プリンスのファンのために、1~7曲目は元々のレコーディングのように、自然なライヴ・メドレーの形で収録されている。


PHOTO CREDIT: The Prince Estate / Allen Beaulieu


【リリース】

アルバム・タイトル:ピアノ&ア・マイクロフォン 1983

9月21日発売

WPCR-18037

フォーマット:CD、デジタル配信

¥2,400+税(CD)

<収録曲>

1)17 デイズ

2)パープル・レイン

3)ア・ケイス・オブ・ユー

4)メアリー・ドント・ユー・ウィープ

5)ストレンジ・リレーションシップ

6)インターナショナル・ラヴァー

7)ウエンズデイ

8)コールド・コーヒー&コケイン

9)ホワイ・ザ・バタフライズ

Recorded in 1983 at Prince’s Kiowa Trail home studio in Chanhassen, MN

Engineered by Don Batts


デラックス・エディション(CD+LP)には12インチ・サイズのブックレットが収録され、これにはプリンスの当時エンジニアだったドン・バッツによって書かれた新たなライナーノーツや今までに公開されたことのないものを含むプリンスのスナップ写真が収録されている。

デジタルでアルバムをプレオーダーしたファンは直ちに「メアリー・ドント・ユー・ウィープ」を入手することが出来る。


同時発売

アルバム・タイトル:ピアノ&ア・マイクロフォン 1983:デラックス・エディション

WPZR-30796~97

フォーマット:CD+LP(輸入盤国内仕様、完全生産限定盤)

¥5,000+税

<収録曲>

CD,LPともに通常盤のCDと同様。


アルバムの購入はこちら

iTunes Storeではデジタル版アルバムのプレオーダー受付をスタート。

プレオーダー受付が完了すると、「Mary Don’t You Weep」が先行ダウンロードされる。


【プリンス アーティストページ】

https://wmlife.themedia.jp/posts/4333483

Little ♥ Humming

うたうたい ちびまゆの部屋へ ようこそ♪ わたしはうた うたはわたし

0コメント

  • 1000 / 1000